消しゴムはんこの基本情報

イレイサースタンプとは?- Eraser Stamp / 橡皮章

消しゴムはんこ イレイサースタンプは「消しゴムはんこ」「消しゴムスタンプ」「消しゴム版画」など、消しゴムを使用したスタンプアート、クラフトホビーの総称です。
 やわらかくて彫りやすい「消しゴム」を使用したスタンプホビーは、大人から子供まで幅広い年代に楽しまれています。2005年頃から世界に先駆けて日本でブームとなり、現在はアジアやヨーロッパなどにも愛好家が増えています。英語圏では「Eraser Stamp」、中華圏では「橡皮章」と呼ばれ、SNSにも世界の愛好家による作品が投稿されています。

イレイサースタンプの歴史についてはこちら


イレイサースタンプの中の「消しゴムはんこ」

 幅広い技法・表現方法で奥の深い世界が広がるイレイサースタンプの中でも、シンプルで楽しい「消しゴムはんこ」は最も多くの人に親しまれているジャンルです。家庭内でホビーとして楽しむ愛好家に加え、オリジナルの手づくり消しゴムはんこをイベントやショップ、インターネットで販売する「消しゴムはんこ作家」も増えています。


どんな道具や材料が必要なの?

 イレイサースタンプは、どこにでも売っているプラスチック消しゴムとカッターや彫刻刀、そして朱肉やスタンプ台などがあれば誰にでもすぐに始めることができます。消しゴムはんこ用・消しゴム版画用に開発された彫りやすい消しゴム板や、大きな図柄向けのはがきサイズの消しゴム板、専用に開発された三角刀や丸刀なども発売され、スタンプ台もカラフルな単色タイプや、グラデーションタイプ、布や木材にも使用できるタイプなど種類も豊富です。これらの道具・材料は文具店やクラフト・ホビーの専門店、インターネットショップなどで購入することができます。また、ダイソー、セリア、キャンドゥなどの100円ショップなどでも一通りの道具を揃えることができるようになりました。


イレイサースタンプ・消しゴムはんこ・消しゴムスタンプ・消しゴム版画の違い

 どちらも「消しゴム」を使って印(版)を作り、彫り方や使用する道具もほぼ共通していることから、現在では「消しゴム版画」も「消しゴムスタンプ」も「消しゴムはんこ」「消しゴム印」もほぼ同義のように捉えられていますが、厳密には表現方法や消しゴムの大きさなどで呼び方が分類されています。
 片手に持って捺せる小さなサイズで「はんこ」「印」と呼ぶものは「消しゴムはんこ」「消しゴム印」に分類され、基本的には「ひと捺し」「一色」で表現します。それに対して、片手で持って捺せないような大きなサイズで「版」「版画」と呼ぶものは「消しゴム版画」に分類され、多色刷りなど版画などの技法も用いられます。そのため「はんこ」サイズの小さなものでも、二色刷り以上にする場合は「一版」「二版」と呼ぶことから、こちらも「消しゴム版画」に分類されています。そして、消しゴム印(版)を何度も繰り返し押印してアートを表現するものは、スタンプアートの技法と近いため、表現のジャンルとして「消しゴムスタンプ」と呼ばれています。
 「消しゴムはんこ」「消しゴム印」「消しゴム版画」「消しゴムスタンプ」など消しゴムを使用したスタンプアートやクラフトホビーを総称した国際的な呼び方として「イレイサースタンプ(Eraser Stamp)」があります。中華圏では「橡皮章」と呼ばれています。