消しゴムはんこの基本情報

イレイサースタンプとは?- Eraser Stamp / 橡皮章

消しゴムはんこイレイサースタンプは「消しゴムはんこ」「消しゴムスタンプ」「消しゴム版画」など、消しゴムを使用したスタンプアート、クラフトホビーの総称です。やわらかくて彫りやすい「消しゴム」を使用したスタンプホビーは、大人から子供まで幅広い年代に楽しまれています。2005年頃から世界に先駆けて日本でブームとなり、現在はアジアやヨーロッパなどにも愛好家が増えています。英語圏では「Eraser Stamp」、中華圏では「橡皮章」と呼ばれ、SNSにも世界の愛好家による作品が投稿されています。


イレイサースタンプの中の「消しゴムはんこ」

幅広い技法・表現方法で奥の深い世界が広がるイレイサースタンプの中でも、シンプルで楽しい「消しゴムはんこ」は最も多くの人に親しまれているジャンルです。家庭内でホビーとして楽しむ愛好家に加え、オリジナルの手づくり消しゴムはんこをイベントやショップ、インターネットで販売する「消しゴムはんこ作家」も増えています。


どんな道具や材料が必要なの?

イレイサースタンプは、どこにでも売っているプラスチック消しゴムとカッターや彫刻刀、そして朱肉やスタンプ台などがあれば誰にでもすぐに始めることができます。 最近は、消しゴムはんこ用・消しゴム版画用に開発された彫りやすい消しゴム板や、大きな図柄向けのはがきサイズの消しゴム板、専用に開発された三角刀や丸刀なども発売され、スタンプ台もカラフルな単色タイプや、グラデーションタイプ、布や木材にも使用できるタイプなど種類も豊富です。これらの道具・材料は文具店やクラフト・ホビーの専門店、インターネットショップなどで購入することができます。また、ダイソー、セリア、キャンドゥなどの100円ショップなどでも一通りの道具を揃えることができるようになりました。


イレイサースタンプの歴史

消しゴムはんこ消しゴムを彫ってインクをつけて捺すという遊びは、昭和中期より子どもたちの間で古くから親しまれてきました。1990年代にはコラムニストのナンシー関さんの活躍により「消しゴム版画」という言葉が世間一般に知られるようになり、版画のひとつとしても消しゴムを材料にする技法が浸透してきました。現在も多くの消しゴムはんこファンに愛されている専用消しゴム「はんけしくん」(ヒノデワシ株式会社)の登場は1995年。当時ナンシー関さんから大きな消しゴムの要望があり監修やパッケージデザインを受け商品化されました。2000年代に入ると、消しゴム印を繰り返し押印してアートとして表現する山田泰幸さんが「消しゴムスタンプ」という技法を提唱。2004年~2007年にかけて、津久井智子さんをはじめとする女性作家による「消しゴムはんこ」の技法書も多数出版されたことをきっかけに、2000年代中期から後半にかけてホビーやハンドクラフト業界に「第一次消しゴムはんこブーム」が女性の間で流行しました。このブームの流れで、ハンドクラフトやアートの販売イベントでオリジナルの消しゴムはんこを販売するクリエイターも多数出現し、2007年からはじまったスタンプ専門イベント「スタンプカーニバル」でも、消しゴムはんこクリエイターの出展が多数を占めています。消しゴムはんこ専用の消しゴムにも「はんけしくん」(ヒノデワシ株式会社)や「ほるナビ」(株式会社シード)、「ラビーゴム」(道刃物工業株式会社)などのほか、ダイソーやセリア、キャンドゥといった100円ショップでも専用消しゴムの商品が販売されるようになりました。

消しゴムはんこの主な歴史

  • 1960年代、プラスチック消しゴムが日本で開発される。
  • 1983年、勝又有子さんが『手づくりスタンプ550』を出版。消しゴムを彫ってスタンプにする方法を紹介した書籍としては日本初。
  • 1990年代、コラムニストのナンシー関さんが活躍。消しゴム版画家として注目される。
  • 1995年、ヒノデワシ株式会社が日本ではじめて専用消しゴム『はんけしくん』を開発。
  • 1999年、上村旺司さんが『やさしい消しゴム印入門』を出版。
  • 2002年6月、ナンシー関さんが逝去。
  • 2003年10月、消しゴム版画家・山田泰幸さんが『四季の消しゴムスタンプ』を出版。
  • 2005年、消しゴムはんこ作家・津久井智子さんが『消しゴムはんこ。つくるたのしみ、おすたのしみ』を出版。
  • 2006年、第一次消しゴムはんこブームが到来。
  • 2006年、ネットオークションや手づくり市でオリジナルの消しゴムはんこを販売する「消しゴムはんこ作家」が多数出現。
  • 2007年4月、消しゴムはんこの情報サイト「消しゴムはんこライブラリー」開設、開設当時は消しゴムはんこの関連書籍の紹介サイトとして公開。
  • 2007年、東京浅草で『第1回スタンプカーニバル』が開催。
  • 2010年、消しゴムはんこブロガーが注目を集める。mizutamaさん、nacoさんが人気に。
  • 2010年、歌手の木村カエラさんが、テレビ番組「さんまのまんま」で明石家さんまさんに手づくりの消しゴムはんこをプレゼントし話題に。
  • 2010年12月、JESCA日本イレイサースタンプ振興会(現・JESCA日本イレイサースタンプ協会)が設立。
  • 2011年、消しゴムはんこの郵便交換会「消しゴムはんこトレーディングクラブ」がスタート。
  • 2012年、AKB48の仁藤萌乃さんが雑誌『FLASH』で消しゴムはんこのコラム「もえはん」を連載。
  • 2012年、文具専門マガジン「Bun2」で消しゴム版画家・山田泰幸さん、消しゴムはんこ研究家・やまだひろゆきさんによる連載コラム「消しゴム花はんこ」がスタート。
  • 2012年、JESCA消しゴムはんこ技能認定制度(現・JESCA消しゴムはんこ技能認定資格制度)が開始。
  • 2012年4月、女優の上野樹里さんが著書『上野樹里とナニカをツクル旅』の発売記念イベントで手作りはんこスタンプ会を開催。
  • 2013年、タレントの山田親太朗さんがテレビ番組『ゴロウ・デラックス』で消しゴムはんこのコーナーがスタート。
  • 2013年4月、大阪で『第1回スタンプカーニバルinOSAKA』が開催。
  • 2013年、全国のカルチャーセンターで消しゴムはんこ講座が増加。
  • 2013年9月、消しゴムはんこ作家やスタンプアーティストを紹介した書籍「消しゴムはんこ&スタンプアート 魔法のテクニック」が発売。
  • 2014年2月、朝日新聞出版『AERA』に消しゴムはんこブームを追った記事が掲載。
  • 2014年、アニメ『となりの関くん』第5話で消しゴムはんこがテーマに。
  • 2014年、全国で消しゴムはんこサークルが多数出現。テレビ・新聞・雑誌等のメディアで取り上げられる機会が増え、第二次消しゴムはんこブームとも。
  • 2015年9月、JESCA日本イレイサースタンプ振興会が社団法人化。一般社団法人JESCA日本イレイサースタンプ協会に。消しゴムはんこの分野で世界最大のネットワークに。
  • 2015年、消しゴムはんこ作家がLINEスタンプを続々発表。消しゴムはんこ作家・なかじまともこさんのキャラクター「ひょっこりさん」が人気に。
  • 2015年、イレイサースタンプ作家・うえむらゆみこさんがテレビ番組『オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです』に出演。番組内で消しゴムはんこを紹介し話題に。
  • 2015年、イレイサースタンプを発展させた「イレイサーミクストメディア」を提唱した川治伴江さんが、コンテストで世界的な評価を得る。
  • 2016年10月、大阪で消しゴムはんこ専門イベント「消しゴムはんこバル」が初開催。
  • 2016年11月、スタンプ専門イベント「第10回スタンプカーニバル」開催、10周年に。
  • 2017年、大阪で「淀屋橋けしごむはんこヴィレッジ」、東京で「浅草橋けしごむはんこヴィレッジ」がスタート。

消しゴムはんこ・消しゴムスタンプ・消しゴム版画の違い

どちらも「消しゴム」を使って印(版)を作り、彫り方や使用する道具もほぼ共通していることから、現在では「消しゴム版画」も「消しゴムスタンプ」も「消しゴムはんこ」「消しゴム印」もほぼ同義のように捉えられていますが、厳密には表現方法や消しゴムの大きさなどで呼び方が分類されています。片手に持って捺せる小さなサイズで「はんこ」「印」と呼ぶものは「消しゴムはんこ」「消しゴム印」に分類され、基本的には「ひと捺し」「一色」で表現します。それに対して、片手で持って捺せないような大きなサイズで「版」「版画」と呼ぶものは「消しゴム版画」に分類され、多色刷りなど版画などの技法も用いられます。そのため「はんこ」サイズの小さなものでも、二色刷り以上にする場合は「一版」「二版」と呼ぶことから、こちらも「消しゴム版画」に分類されています。そして、消しゴム印(版)を何度も繰り返し押印してアートを表現するものは、スタンプアートの技法と近いため、表現のジャンルとして「消しゴムスタンプ」と呼ばれています。「消しゴムはんこ」「消しゴム印」「消しゴム版画」「消しゴムスタンプ」など消しゴムを使用したスタンプアートやクラフトホビーを総称した国際的な呼び方として「イレイサースタンプ(Eraser Stamp)」があります。中華圏では「橡皮章」と呼ばれています。