うちだあきこさん【金賞受賞者インタビュー】

 消しゴムはんこの「彫りの技術力」と「デザイン力」を競う業界初の本格的なコンテスト【国際イレイサースタンプ品評会】。2017年12月10日に開催された『第2回国際イレイサースタンプ品評会』は第1回を大きく上回る33作品のエントリーがあり、HAROKELLOGG ひろせはなこさんの作品が最高金賞に、接戦を制した9作品が金賞に選出されました。

 そこで、今回も最高金賞ならびに金賞を受賞された作家さんへのインタビューを行い、受賞時の気持ちや作品に込めた想いやテーマ、そして作品制作に使用しているツールや制作方法などをお伺いしました。

 シリーズでお届けする、はんこ村かわら版番外編【金賞受賞者インタビュー】。今回はうちだあきこさんの登場です。



うちだあきこさん
~消しゴムはんこの楽しさが伝わるように~

金賞を受賞された感想をお聞かせください。

うちだあきこさん:
ただただ嬉しくて飛び上がりました!沢山の素晴らしい作品が並び、自分が出品してもよかったのかと思っていた中まさかの受賞でした。
投票してくれた皆様、本当にありがとうございました。
この受賞を糧に、更に作品作りを頑張って参ります。

受賞された作品のテーマとしたもの、またはコンセプトとしたものを教えてください。

うちだあきこさん:
真っ白なハガキ大の消しゴムを見て、漫画の1ページを作ることを思いつきました。
誰でも作れる、作ったらわかる消しゴムはんこの楽しさを伝えられる内容になれば、という気持ちで作りました。

アイデア・図案の作成から作品の完成までどのくらい日数を要しましたか?

うちだあきこさん:
1ヶ月位でしょうか。
書き直し書き直し、彫り上がってから気に入らず彫り直して、今までになく時間がかかりました。

作品の制作で苦心した点を教えてください。

うちだあきこさん:
ハガキ1枚彫りが初めてだったので、扱いに苦戦しましたが、とても勉強になり楽しかったです。

~こだわりは「漫画の1ページに見えるように」~

作品の制作で特にこだわった部分、ここに注目してもらいたい!という部分を教えてください。

うちだあきこさん:
漫画の1ページに見えるように、文字サイズのバランスや効果線を頑張りました。

今回の作品の制作にはどのような道具を使いましたか?
また、普段の制作に使用している道具と、その道具を使用する理由やこだわりがございましたら教えてください。

うちだあきこさん:
アートナイフプロと、余白サラエ右を使いました。
普段からほぼこの2つのみで制作しています。
こだわりという程ではありませんが、色々使わず少ない道具を使いこなせるようになれば、と思っています。

あなたの彫り方のタイプを教えてください。(例:置き彫り・手持ち彫り等々)
作品の大きさによって彫り方を使い分けている場合はそれらも教えてください。

うちだあきこさん:
ほとんど置き彫りで、特に小さい作品は手持ちの場合もあります。


お忙しい中インタビューにご協力いただきましたうちだあきこさん、本当にありがとうございました。

うちだあきこさんのブログはこちら
https://ameblo.jp/akikouchida/


「あなたも最高金賞を目指してみませんか?」
彫りの美しさとデザインを競う本格的なコンテスト【第3回国際イレイサースタンプ品評会】
ただいま出品エントリー受付中!

http://www.eraserstamp.net/fair/


(国際イレイサースタンプ品評会開催委員会 / 2018年1月12日配信)

コメントを残す