消しゴムはんこと消しゴム版画の違いとは?

 イレイサースタンプに関する気になるキーワードを紹介する「keshidas ~消しゴムはんこの基礎用語~」をお届けします。


消しゴムはんこ(けしごむはんこ):「消しゴムはんこ」とは消しゴムをデザインナイフやカッターナイフ、彫刻刀等を用いて印(ハンコ)状にして楽しむハンドクラフトホビーのこと。

消しゴム版画(けしごむはんが):「消しゴム版画」とは消しゴムを版の材料とする凸版画のこと。


消しゴムはんこと消しゴム版画の違いとは?

 世界各地で愛好家が増えている「消しゴムはんこ」。ところで姉妹のような存在でもある「消しゴム版画」とはどのような違いがあるのでしょうか。

 どちらも使用する道具や彫り方もそれほど違いはありません。なんとなく「消しゴムはんこ」は小さいもの、「消しゴム版画」は大きなものというイメージがあります。

 消しゴムはんこ作家や講師が多く加盟する世界最大の協会「一般社団法人JESCA日本イレイサースタンプ協会」の定義のよると、「消しゴムはんこは≪判≫または≪印≫を手に持って≪押す≫(捺す)もの」とし「消しゴム版画は≪版≫の上に紙を置いて≪刷る≫(摺る)もの」としているそうです。協会によると、時代と共に定義は少しずつ変化しているようで、現在は「消しゴムはんこ」と「消しゴムスタンプ」「消しゴム印」はほぼ同義で「スタンプ」として楽しむもの、「消しゴム版画」は凸版画の技法を用いるものになっているということです。

(ライター:福住由樹/2017年9月19日配信)

コメントを残す